2006年08月09日

大分七夕まつり

妻方の親戚で法事があったこともあり、8月4〜7日に大分へ出かけていました。ちょうど、大分では七夕まつりが開催されていました。

大分七夕まつりは、4日に戦国武将などを題材とした大きな張子の山車を引き、踊り歩く「府内戦紙」(「ふない・ぱっちん」と読む。ぱっちんはメンコの意味)、5日にはチキリンばやし市民総踊り大会+神輿・山車大会、そして6日には、大分川の川岸で納涼花火大会が行われました。

DSCF0590_320.JPG


府内戦紙は、大分市青年商工会議所が中心になって1985年から始めた市民まつりです。詳細はこちらのサイトをご覧ください。東北出身の私には、「青森のねぶたに似てるなあ」という印象でした。

大きな張子のない山車には、なかに人形が置いてあって、なかなか風情がありました。

DSCF0381_320.JPG


神輿のほうもなかなかの迫力でした。もっとも、御神体は神輿に付けていないそうです。大分市内中の神社のお神輿が全員集合して練り歩くということで、それぞれの神社の例大祭のときが「本番」のようです。

DSCF0454_320.JPG


5日の神輿・山車大会の後の締めはサンバのリズムに乗った(?)カーニバルの踊りでしたが、「先頭の2人がうまいのよ」という話のとおりでした。神輿・山車大会がなかなかの盛り上がりだったので、それに比べるとちょっと間の抜けたような「締め」と感じました。

6日の花火は、朝から親戚と一緒に川の土手で場所取りをし、夜はゆっくりか堪能しました。最初はデジカメ(Finepix F30)の花火モードで撮っていましたが、初めての花火モードだったためか、今ひとつシャッター速度が遅い感じでした。そこで動画で撮ったら、きれいに撮れて、そこそこ楽しめました。今回はちょっとファイルが大きすぎるので、Vlogデビューとはなりませんでしたが・・・。


posted by daeng at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京以外の日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。