2006年04月18日

16日はジャランジャラン

一緒に来ているJICAミッションの皆さんを連れて歩きました。

まず、Jl. Sulawesiの行きつけの店でお粥を食べ、ホテルで車を借りて、バンティムルンへ。例によって、地元の行楽客で大賑わいでしたが、雨期の終わりで滝は豪快でした。

DSCN3677_320.JPG


「石の洞窟」を見てから、バンティムルンを離れ、途中でロティ・マロスとジャランコテ189を買って食べながら、再びJl. Sulawesiでワンタンメンを食べました。

それからニュータウンのタンジュンブンガへ行って、海岸で佇んだ後、タンジュンブンガ・モールでお買い物をして、今最も賑わっているパナクカン・モールへ。タンジュンブンガ・モールもオープンしてまだ2年なのに、2つのモールのあまりの違いに驚きました。

午後5時を回ったところで、パナクカンで通り雨に降られながら、「まだ間に合う」と夕日を見るために海岸通のホテル・パンタイ・ガプラの「やぐら」の上へ登って、レモンスカッシュを飲みながら、夕日を拝みました。今回の夕日は、雲の色がとても印象的な夕日でした。段々に赤く染まってゆく空の色を見ながら、ちょうどよい心地で吹いてくる浜風を感じる、気持ちのいい夕方でした。

DSCN3724_320.JPG


ほんと、これだから、マカッサルはやめられません。

posted by daeng at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

マカッサルに着きました

14日夕方、マカッサルに着きました。到着直前のマカッサルは大雨+大風で、2機が着陸できずに引き返したとのこと。私の乗った飛行機が到着したときには、雨も止んで、涼しくなっていました。

空港から市内までの道路は、2車線を4車線に広げるための準備が始まっていましたが、現在の道自体は雨期の激しい雨の影響でガタガタになっている箇所がありました。相変わらず、沿道で牛やヤギがブラブラしているのどかな道路です。

市内に入ると、Jl. Sulawesiにセンターラインがひかれていて、左側車線に駐車可能なスペースが設けられていました。Jl. Botolenpanganにもセンターラインがひかれていました。マカッサル市庁舎は高層の新庁舎が建設中です。

写真は15日朝、宿泊先のHotel Sahid Makassarから撮ったマカッサル市内です。

DSCN3664_320.JPG

posted by daeng at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

大雨と大渋滞

早速、今日(11日)からお仕事の活動を開始しました。アポは全部取ってもらい、しかもアテンドされる側なので、今回は本当に「大名」みたいなものです。何となく、いつも自分で全部やっているので、逆に居心地が悪かったりします。でも、レストラン選びだけは任されています。

内務省でヒアリングをしている間に、ものすごい雨が降り始めました。案の定、道路は大渋滞。独立記念塔公園の北側にある内務省からぐるっと回ってタムリン通り(独立記念塔公園の西側道路)へ入るまでに1時間半かかり、夕方4時半の国家開発企画庁のアポはキャンセルとなりました。

写真は、上がトランスジャカルタのバス停でバスを待つ人々、下が大渋滞の中で車の列の合間にバイクが入り込んでいる様子です。日暮れ直前、ISO400で撮ったのであんまりうまく写っていませんが・・・。

DSCN3657_320.JPG

DSCN3658_320.JPG



posted by daeng at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

久々にインドネシア

昨年9月初め以来、久々のインドネシアへ来ています。今日、ジャカルタに到着しました。今回は、JICAのお仕事で、22日に帰国します。

やはりこの、肌にまとわりつくような熱帯の湿気がたまらなく好きです。このところ、日本で今までになく精神状態が不安定になっていたので、こちらで元に戻れれば、と思っていたのですが・・・。

ホテル・ニッコーで本館でもインターネットに容易につなげられるようになったのはよかったのですが、さっそく、仕事上のメールを読んで、再び、自分の能力不足を感じ、急激に落ち込んでしまいました。つながる、っていうのも、よしあしですよねえ。

そういえば、市内を流すメータータクシーがみんな青色になり、優良タクシーで名高いブルーバードと同色になりました。そして車の上の標識ランプも、よく見ないと区別ができないほど似せています。流しでブルーバード・タクシーの「本物」を掴まえるのは至難の業になったようです。



posted by daeng at 00:07| Comment(1) | TrackBack(1) | その他インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

我が家の桜は満開

今年も、我が家の庭の桜が満開になりました。

ただし、例年に比べると花の付きは今ひとつ。1年おきに付き方に多少が出る様子です。

DSCN3649.JPG DSCN3650.JPG DSCN3651.JPG


昨日は、満開の桜の下にノートパソコンを持ち出し、原稿を書いていました。なかなか気分がよいものです。そういえば、去年は家族3人でブランチをしたっけ。今回、妻子は用事で外出でした。2日も天気が悪いので、今年の「桜のブランチ」はお預けになりそうです。

東京のど真ん中で満開の桜を愛でられる幸せを感じます。

posted by daeng at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。